どうやって使うのか?/ドラッグテストキットを使って不安を解消しよう!

どうやって使うのか?

青いカプセル

意図しないところでの薬物の使用を検査したいと思う場合にドラッグテストキットを使用が一番いい方法になります。
ドラッグテストキットとは危険ドラッグと言われる物に含まれる規制されている薬物、危険な薬物を採尿により判定するための検査キットです。
でもドラッグテストキットは馴染みの薄いものになると思うでの使用方法が分からいないといったことがり、購入して上手く使えないのではという不安から購入をためらうこともあると思います。
でも実はドラッグテストキットを初めて使うという人でも簡単に使用できるのです。
ではどのように使うのか見ていきましょう。

まずドラッグテストキットは室温にしましょう。
そして中には“キットA”と“キットB”があります。
それぞれのキットの中には“サンプルパッド”というものと、“カラーカード”というもの、そして“説明書”が入っています。
“キットA”ではアンフェタミンや、メタアンフェタミン、コカインなどの薬物を検査することができます。
次に“キットB”ですがMDMAや、EDDP、ケタミンなどの薬物を検査することができます。
“キットA”と“キットB”合わせて全部で20種類の薬物検査と2種類の尿状態検査が可能です。
ですので“キットA”では特に問題ない場合でも“キットB”では陽性反応がでることも考えられるので必ず両方で検査を行いましょう!
また“キットA”と“キットB”の開封は、尿を採取した後にした方が無難かもしれません。
開封後したら、すぐに検査を行わないと正しい結果が出ない場合もあるようです。

そして尿をガラス、もしくはプラスチックの容器に採取します。
またこの時、尿を室温にしてから検査しましょう。
ドラッグテストキットや尿を室温に戻すのも正確に検査するために必要なのです。

そしていよいよ検査に移るのですが
サンプルパッドのカバーはずして出てきた部分を尿に浸してから、約20秒程待ちます。
この時の注意点なのですが、サンプルパッドのプラスチック部分の赤い矢印より上は、絶対に尿がつかないよう注意して下さい。
その後はサンプルパッドを容器から取り出して、カバーに戻し、結果を判断するといった流れです。


Top